サブ4目指して、マラソン練習はじめました。

1982年生まれ、アメリカ在住。サブ4目指してマラソン練習に取り組んでいる人のブログです。マラソン2年生になりました(2018/5/6)。

前日に食べたスイカにあたって初DNF

注: こんな事をブログで大公開するのもどうよ... と、公開を結構迷ったくらいの内容です。少なくともお食事中の方はやめておいた方がいいかもしれません。

 

今回のレース(トンネルマラソン・42.195km トレイル) では、前日食べたスイカにあたって初・DNFしました。

 

今日の朝 (レース当日)

朝、炊きあがり途中のご飯の匂いをかいただけでも「うっ」となった時点で、ちょっと変だな... と思ったんですが、「いや、気のせいに違いないッ ヽ(`Д´)ノ ただ単に緊張してるだけだって!!」

と、強引に自分に言い聞かせ、なんとか気力で朝ごはんを平らげたものの、お腹がゴロゴロ。「え“ええええ そんな〜!どうか一時的なものでありますように!!」と願いつつ、スタート地点のトレイルヘッドに向かいました。

 

スタート直前

でも、スタート時刻が近づくにつれ「気のせい」と信じていた吐き気がどんどん強くなるばかり。スタート20分前に入った仮設トイレで、じっと (あの恐ろしい) 便器を見つめて「この際吐いてしまったほうがスッキリして走れるんじゃ... 」と、本気で迷いました →迷った末、吐かずに、下痢止めのImodiumを飲んでスタートに並びました。

 

スタートからハーフまで

f:id:motocha:20180820065624j:image

今回は5:45-5:55/kmで行ってみよう、とスタートしたものの、やっぱり重だるい。

トンネルを出た際に、すぐ後ろから4:10ペーサーがやって来たので、彼のグループについていく事に。うんうん、このペースなら大丈夫そう♫ とひと安心。

 

が!!

 

このレース、コースに設置されている仮設トイレが少なくって (コース内の仮設トイレは、マイル3、8.7、11.6、21.2 の4カ所のみ) 腹下しランナーにとっては、恐ろしく難易度が高かった ... orz

 

進めば進むほどお腹がゴロゴロ。でもトイレはまだまだ先。胃もムカムカして、ジェル飲む際にも「どうか吐きません様に... 」と神頼みしながら補給。

 

その後、ハーフ通過地点のエイド近辺に貴重な仮設トイレが2台も出現!しかも1台は緑の空マーク (今すぐトイレ入れるぅ〜 やったー)!!

 

...あの時は飛び上がる程嬉しかった。

 

...でも、これが大会が用意した最後の仮設トイレだったんです。

 

ハーフからリタイア(30km)まで

f:id:motocha:20180820065647j:image

その後、29km過ぎまでトイレを我慢しつつ何とか走っていたのですが、頭がもー ぐわんぐわん痛くなってきて、一歩踏み出すごとにトイレ、トイレ... ってなる始末。

心肺や脚は大丈夫なのに、気がつくと頭がぼーっとしてきて、まっすぐ走るのも大変な感じが。これ、リタイアしないと色んな意味で危険かも... と思い、夫と息子が応援で待機している30km地点まで頑張ることにし、リタイアしました。

 

リタイア

30km。立ち止まって、ガーミンを止めた。どんどん後ろから来たランナーが走り去ってく〜。(この後の事は、流石に今振り返るのは辛いのでやめておきます。)

 

あ、でもただ一つ、忘れずに書いておきたい事あった!

リタイアの後に親身になって私の話を聞いてくれた、とあるランナーさん (ベテランのBoston marathon runner)!彼との出会いに大感謝。本当にあの時、話しかけてもらったお陰で、前向きになれました。やっぱりランナーは優しい人が多いね ( ;∀;)b

 でもって、私もいつかあのランナーさんみたいにBoston marathon runnerになりたいな... って思いました。 ま、この感じじゃあ相当時間かかりそうだけど〜 ( ´д`ll)

 

f:id:motocha:20180820074422j:image

補給: 全てのエイドでスポーツドリンクを飲んだ。ジェルは5つ用意したけれど、胃がムカムカしていて2つしか摂れなかった

 

P.S.  3度トイレに止まったけれど、ガーミンのデータ↑によるとロス時間は(自分が感じてたよりも)ずっと短時間でびっくりしました。

 

P.P.S. 当分 スイカも仮設トイレも見たくないです。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ