サブ4目指して、マラソン練習はじめました。

1982年生まれ、アメリカ在住。サブ4目指してマラソン練習に取り組んでいる人のブログです。マラソン2年生になりました(2018/5/6)。

2018年バンクーバーマラソン、無事完走(サブ4ならず・7秒だけPR更新)

2度目のフルマラソン。今回、調整期間中に脱水症状(症状:倦怠感、頭痛、吐き気、筋肉が思うように動かせない)に悩まされるという嫌〜なハプニングが発生。

その為、血液検査を受けて(レース3日前にw)ドクターから出走OKをもらうまで、出走できるのかもわからない状態でした。

f:id:motocha:20180509013324j:plain

結果は、4時間17分。目標から程遠い状態タイムだったけれど、レースは本当に楽しくて、ただただ 走れることに感謝しながら走った、楽しい時間でした。

 

と、いう訳で今回のレースの振り返ってみます↓

(注:お食事中の方ごめんなさい)

 

レース3日前に(ぎりぎりで)立てた作戦:も〜脱水はこりごりなので、水分補給に気をつける。大会まで、尿の色をモニターする。レース中は31〜32キロあたりまで、とにかく抑える事。レース当日は21°Cまで上がる予報なので、脱水の兆候がでてきたらリタイアする覚悟で挑む。

 

レース結果

f:id:motocha:20180509015328p:plain

 

コメント

Hill Climb (登り): 確実にオーバーペースだった〜 来年はこの区間、もっと自粛しよう。周りのペースに釣られちゃダメだー!!!!!

 

ハーフ地点: ハーフ地点にあった経過タイム表示が2時間10分過ぎだったのを見て、「あ、今回はサブ4.5危ういかも・・・」と思った記憶。あれがグロスタイムだという事に気がつかなかったアホは私です。

 

Split 8 (35km): 周りのペースが一気にガクっと落ちてきたのに、私は何故か元気で衝撃的だった。”な、なにこれ・・・31kmまで抑えてたから?カーボローディングのお陰?よくわからないけど、ごぼう抜き超たのしー こんなの初めて〜 ヒャッハー!”と、調子に乗りまくった区間。

 

 

この時聞いてたのが、この曲。

心拍あがったのは絶対シンディーのせい。

 

Split 9 (40km): 流石にしんどくなってきた。”んもー、あんなに調子に乗るんじゃなかった… orz 最後も上りだなんて、本当やんなっちゃう。まるで鮭の遡上みたいじゃない。あ“!産卵前の鮭ってこんな感じなのかな・・・😭” と、 フィニッシュ前なのに一人反省会を始めだした (←超マイナス思考)。

f:id:motocha:20180509041428p:plain

鮭の遡上 (Salmon Run):産卵前の鮭が、川を逆流しながら登ってくアレね

 

するとここでみどる(id:middledistance)さんのアドバイス→ ”とにかく1秒でも速くゴールを目指す気持ちだけ忘れないでください!” をハッと思い出す。同時にやる気スイッチが再度ON!!!!!

 

よーし、ここからは2kmちょいの我慢だ。粘るんだ、自分。フィニッシュゲートでは私の応援団(夫と息子)がキンキンに冷えたラムネを持って待ってるよ!!あとちょっとー!頑張れ、ここであきらめるな〜 ラムネ!ラムネ!ラムネぇ〜!!!!!!

 

Fininsh (フィニッシュ): “やったーーーーーー!”メダルをノリノリの黒人のおばちゃんからメダルを首にかけてもらい、ばんざーい。

思わずおばちゃんに、”ボランティアさん達の助けなしでは完走できなかったです。本当に今日はありがとうございました” と、お礼を言ったら、おばちゃんが笑顔で"Give me a hug! I'm so happy for you!!"と、ハグしてくれた。

あああああマラソン大好き!バンクーバー大好き!!

 

 

 

Stravaのデータ

f:id:motocha:20180509045103p:plain

f:id:motocha:20180509045107p:plain

f:id:motocha:20180509045110p:plain

f:id:motocha:20180509045114p:plain

f:id:motocha:20180509045118p:plain

 

f:id:motocha:20180509012704p:plain

高低図

f:id:motocha:20180509013402j:plain

アップ、ダウン、アップ、ダウン、アップ・・・ x5000 

😆(もう笑うしかないw)

 

f:id:motocha:20180509013435j:plain

 

補給

スタート30分前 

ハニースティンガー1本をBCAAドリンク(250ml, BCAA7g分)で流し込んだ

 

 スタート待ち時間〜10キロ地点あたりまで

SOS(経口補水液)250mlちびちび

 

 10キロ以降〜フィニッシュまで

ハニースティンガー5本、RunGumカフェインガム2粒(カフェイン100mg)、31キロ地点ではエイドのバナナ半分を食べた

 

気温が高かったのでほぼ全てのエイドステーションでスポーツドリンクを飲んだ

 

補給の感想

40km地点まで、エネルギー切れの感覚がなかった。気温21度で、かなり汗をかいたからなのか、トイレに行きたくなる感覚もなかった。次回のマラソンもハニースティンガー5〜6本持っていこう。

 

Relive '2018 BMO Vancouver Marathon'

 

最後に

ボランティアさんのあたたかいサポートと沢山の応援を頂きながら美しい景色を楽しみながら走ったバンクーバーマラソン。今回のレースでマラソンが大好きになったのが一番の収穫となりました。

 

さ、 これから1週間はランオフして リカバリーに徹するか〜😄

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ